menu

小児歯科

お子様の歯の健康をつくる場所~小児歯科~

何もないところから小さな乳歯が生え、その乳歯が抜けて永久歯に生え変わり、永久歯が大きくなり、それに合わせて顎の骨も大きくなる――。小さい子どものお口のなかは、成長に合わせて変化していきます。お口のなかが変化していくということは、虫歯のなりやすさや最適な治療などもその時々で異なるということです。

乳歯には、「永久歯が正しく生え替わるためのサポート」という重要な役割があります。「いずれ生え替わるから」といって乳歯の虫歯を放置してしまうと、永久歯の虫歯リスクが高まったり、永久歯の歯並びが乱れたり、場合によっては永久歯が生えてこなくなったりすることがあります。

お子様が将来歯や歯並びのことで悩まないよう、乳歯が生えはじめたら定期的な歯科検診を受け、お口の健康管理を行うことで正しい生え変わりへと導いてあげましょう。「乳歯を大切にすること」や「虫歯にならないように予防すること」を親御様が気をつけてあげることで、お子様はずっと虫歯や歯周病で苦しむ心配がなくなるのです。

歯医者を「怖い場所」にしないために

福岡市中央区天神の「西鉄グランドホテル前オレンジ歯科」では、小さいお子様の診療ではいきなり治療を行わず、まずは歯医者の雰囲気に慣れていただくところからはじめています。診療室にはキッズスペースを設置し、治療はできるだけ痛みを感じないように努め、またなるべく短時間で診療を終わらせるようにしています。「歯医者は痛いところ」「怖いところ」というイメージを植えつけないためにも、親御様のほうでも「お口をきれいにしに行こう」など、気楽に通院できるような働きかけをしてあげてください。

1本1本の虫歯の治療はもちろんですが、何よりも大切なのは虫歯になりにくい歯を育てることです。虫歯のなりやすさを決める条件には「歯質の強さ」「細菌の数」「食生活」という3つの要素があります。お子様の歯を守るためには、毎日の歯みがきで細菌を減らし、食生活に気をつけるなど、できるだけ早い時期から歯を守る意識を持つことが大切です。

しかし、まだやわらかい乳歯や生え立ての永久歯は虫歯菌に対して抵抗力が弱く、一生のうちでもっとも虫歯になりやすいのがこの時期と言われています。そこで、あらかじめ虫歯になりにくくするための予防処置を乳歯に施すことが重要です。

歯みがき指導

お子様の成長にともなって歯やお口のなかの環境はどんどん変化します。歯みがきの方法も、成長段階に合わせて変えていかなければなりません。歯科衛生士がお口の状況をみながら正しい歯みがき方法を指導し、親御様には仕上げみがきの方法をアドバイスしています。

フッ素塗布

フッ素には抗菌作用があり、歯の再石灰化をうながす働きがあります。歯の表面に低濃度のフッ素を塗布することで虫歯菌の出す「酸」に対する抵抗力をつけ、歯質を強化します。定期的なフッ素塗布は、乳歯や生え替わったばかりの永久歯の虫歯予防に特に有効です。。

シーラント

歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、奥歯の溝などは食べかすやプラークがたまりやすい部分。シーラントとは、虫歯になりやすい奥歯の溝にプラスチックのような樹脂を流しこむ方法です。奥歯の溝をあらかじめ埋めておくことでプラークがたまるのを防ぎ、虫歯になりにくい状態を維持します。

  • 美容歯科
  • 無痛治療
  • むし歯治療
  • 定期メンテナンス
  • インプラントの メンテナンス
  • 金属アレルギー
  • 料金表

西鉄グランドホテル前オレンジ歯科

  • WEB予約
  • MAP

天神 24時間受付

  • WEB予約
  • 詳しく見る

天神中央郵便局北オレンジ歯科

  • WEB予約
  • MAP

関門 24時間受付

  • WEB予約
  • 詳しく見る
  • サンエー経塚シティオレンジ歯科えがおとママとこどもの歯医者さん
  • 医療法人 永孝会 オレンジ歯科 北九州院
  • 医療法人永孝会 ゆめシティオレンジ歯科長府オレンジ歯科
  • 医療法人永孝会 おのだサンパークオレンジ歯科
  • 医療法人 永孝会

go to top

Copyright © 医療法人永孝会 西鉄グランドホテル前オレンジ歯科・天神中央郵便局北オレンジ歯科 All Rights Reserved.  © LEDRAPLASTIC JAMMY