menu

歯の金属アレルギー

歯の金属アレルギー

歯の金属アレルギー

金属アレルギーという言葉を聞いたことがあるかと思います。アクセサリーなどの金属に反応して、体に発疹などの異常反応がおきてしまう症状です。この金属アレルギーの症状が、気が付かないうちに口腔内のあるモノでも起こることがあります。

歯科の金属アレルギーの場合、治療に使われている金属が原因になります。治療で使用した銀歯などが唾液によって金属イオンという小さな物質になって溶け出し、体内のタンパク質と結合することによってアレルギー反応がおきてしまうのです。症状としては、頬や舌に水疱や炎症がおきます。また、まったく関係ないように思えますが全身に症状が及ぶ場合もあり、手や足などに原因不明の水泡状の発疹が出てしまうこともあります。

気になる症状がある時は、天神駅からすぐ近く福岡市中央区大名にある歯医者「西鉄グランドホテル前オレンジ歯科」または、北九州市門司区東本町にある「関門トンネル前オレンジ歯科」までお気軽にご相談ください。

金属アレルギーは治療できる?

金属アレルギーは治療できる?

金属アレルギーは、その病気の特性上、治療をすれすぐに完治するというものではありません。ただし、体に接触している金属を取り除くことで、出ている症状が徐々に落ち着いてきます。そのため、金属アレルギーの症状が出ないように、気をつけて生活していくことが重要になってきます。

また、金属アレルギーの場合、歯科治療に使われている被せ物や詰めものなどの金属を取り除くことで症状が緩和されていく場合があります。

セラミックの詰めもので金属アレルギー対策を

セラミックの詰めもので金属アレルギー対策を

歯科治療の際に、ポピュラーな銀歯を選ばれる方が多いのではないでしょうか。しかし、口腔内で治療に使われている銀歯が金属アレルギーの原因となり、慢性的な口内炎や、歯ぐきに炎症をひきおこしてしまうケースがあります。

そんな時は、セラミックがおすすめです。セラミックは陶器と同じ材質で人体に優しく、アレルギーをひきおこすような成分は含まれていません。そのため、金属アレルギーの症状が出ている人でも安心して利用することができます。

セラミックの詰めものと銀歯の比較

虫歯の一般的な治療方法である銀歯ですが、審美やアレルギーの観点からセラミックを選ぶ方も増えてきています。では、セラミックと銀歯では、どのようなところに違いがあるのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを説明していきます。

銀歯の場合
メリット デメリット
・金属のため耐久性に優れていて、欠けたりすることはほとんどありません。
・健康保険が使えるので、治療費を安く抑えることができます。
・その名の通り「銀」を使っているので、治療した箇所が目立ちます。また、経年劣化で金属成分が溶け出して、周りの歯や歯ぐきを変色させてしまうことがあります。
・銀歯は本来の歯との間の密着が弱いため、隙間から細菌が入り込み銀歯の下でさらに虫歯になりやすい傾向にあるのです。
・金属のため、アレルギー症状が出るリスクがあります。今までは大丈夫だったとしても、花粉症のように突然金属アレルギーを発症してしまうこともあるので注意が必要です。
セラミックの場合
メリット デメリット
・セラミックは透明感のある素材で、自分の歯に近い色を選ぶことができます。また、劣化もせず、プラークなどの汚れがつきにくいので変色しません。
・非金属のため人体に優しく、アレルギー症状を誘発する原因になる成分は含まれていません。
・歯ぎしりや噛みしめる力が強い場合、材質によっては欠けてしまうことがあります。
・保険診療外なので、全額負担の自費診療になります。歯医者によって金額が異なりますが、概ね1本5~10万円ほどかかることが多いようです。そのため、本数が多い場合は、経済的な負担が大きいです。
  • 美容歯科
  • 無痛治療
  • むし歯治療
  • 定期メンテナンス
  • インプラントの メンテナンス
  • 金属アレルギー
  • 料金表

西鉄グランドホテル前オレンジ歯科

  • WEB予約
  • MAP

天神 24時間受付

  • WEB予約
  • 詳しく見る

天神中央郵便局北オレンジ歯科

  • WEB予約
  • MAP

関門 24時間受付

  • WEB予約
  • 詳しく見る
  • サンエー経塚シティオレンジ歯科えがおとママとこどもの歯医者さん
  • 医療法人 永孝会 オレンジ歯科 北九州院
  • 医療法人永孝会 ゆめシティオレンジ歯科長府オレンジ歯科
  • 医療法人永孝会 おのだサンパークオレンジ歯科
  • 医療法人 永孝会

go to top

Copyright © 医療法人永孝会 西鉄グランドホテル前オレンジ歯科・天神中央郵便局北オレンジ歯科 All Rights Reserved.  © LEDRAPLASTIC JAMMY